蒲団 (Futon)

Katai TAYAMA (1872 - 1930)

竹中時雄は、東京に住む作家。三年前、岡山県の新見出身で、神戸に学んだ芳子が弟子にしてくれと言って来て、彼女を弟子にした。2人の間には、プラトニックな恋愛感情があった。 しかし、芳子に、京都に住む田中という恋人が出来て、状況は一変する。ついに田中は上京して来る。そして最後は、芳子が父と共に、帰郷することになる。

This is a love story between writer (teacher) & a young female student. The scene is Tokyo. (Summary by ekzemplaro)

Genre(s): Romance

Language: Japanese

Section Chapter Reader Time
Play 01 ekzemplaro
00:08:51
Play 02 ekzemplaro
00:12:49
Play 03 ekzemplaro
00:16:18
Play 04 ekzemplaro
00:25:14
Play 05 ekzemplaro
00:13:08
Play 06 ekzemplaro
00:18:44
Play 07 ekzemplaro
00:09:17
Play 08 ekzemplaro
00:20:11
Play 09 ekzemplaro
00:08:25
Play 10 ekzemplaro
00:11:57
Play 11 十一 ekzemplaro
00:04:04