坊っちゃん (Botchan)

Sōseki NATSUME (1867 - 1916)

物理学校を卒業した坊ちゃんは、松山の中学へ、数学の教師として赴任する。さっそく、同僚にあだ名をつけた、校長は、狸。教頭は、赤シャツ。数学の主任は、山嵐。赤シャツの子分の画学の教師は、野だ。赤シャツに許嫁を奪われかかっている英語の教師は、うらなり。うらなり先生は、九州の延岡へ転勤させられ、それに抗議した、山嵐は、辞表をかかせられてしまった。最後に、山嵐と坊ちゃんは、赤シャツと野だをこてんぱんに殴って、船で、松山を後にする。坊ちゃんは、一ヶ月で、東京に帰り、昔からの下女である「清」と暮らし始める。

Botchan becomes a teacher in Matsuyama after he graduated from a school. He meets lots of trouble. After a month he quits the job and returns to Tokyo. (ekzemplaro)

Genre(s): Published 1900 onward

Language: Japanese

Section Chapter Reader Time
Play 01 ekzemplaro
00:24:46
Play 02 ekzemplaro
00:18:33
Play 03 ekzemplaro
00:17:55
Play 04 ekzemplaro
00:22:07
Play 05 ekzemplaro
00:22:57
Play 06 ekzemplaro
00:31:56
Play 07 ekzemplaro
00:29:15
Play 08 ekzemplaro
00:19:52
Play 09 ekzemplaro
00:25:36
Play 10 ekzemplaro
00:23:30
Play 11 十一 ekzemplaro
00:30:00