野分 (Nowaki)

Sōseki NATSUME (1867 - 1916)

「野分」は、明治末、路面電車と人力車が走っていた東京が舞台です。3人の作家を巡る物語です。白井道也は、地方の中学を3つやめてから、文筆で、世を覚醒することを志します。高柳周作と中野輝一は、大学を卒業したばかりの同級生です。高柳君は、貧しく、中野君は裕福です。白井道也が、中野君を取材したことから、3人に接点が出来ます。高柳君は、だんだんと白井道也の考えに傾倒していきます。

The scene is Tokyo around 1900, where tramways and 'cars pulled by men' were running. This a story about 3 writers. (Summary by ekzemplaro)

Genre(s): General Fiction

Language: Japanese

Section Chapter Reader Time
Play 01 ekzemplaro
00:18:34
Play 02 ekzemplaro
00:25:44
Play 03 ekzemplaro
00:29:13
Play 04 ekzemplaro
00:24:05
Play 05 ekzemplaro
00:17:30
Play 06 ekzemplaro
00:18:49
Play 07 ekzemplaro
00:25:46
Play 08 ekzemplaro
00:26:00
Play 09 ekzemplaro
00:21:55
Play 10 ekzemplaro
00:20:47
Play 11 十一 ekzemplaro
00:33:24
Play 12 十二 ekzemplaro
00:19:02